解体工事

解体工事の流れ

 

1.現場調査

 

通常見積もりをもらうのに電話で済ましてしまう事も多いと思いますが、より正確な費用を算出することができるように、やはり現場調査を行うことをお勧めします。建物の内部、構造、近隣との距離など、実際に目で見てみないとわからないことが多いのが実情です。

 

よく聞くトラブルでは、電話でもらった見積りと、実際に請求された金額があまりにも違い過ぎることです。このような事態を避けるためにも、必ず現場調査を依頼して、正確な金額を把握するようにしましょう。

 

 

2.相見積をとる

 

見積もりは必ず数社からとることにしましょう。最近では現場調査から見積もりを出すところまでを無料で行っている業者も増えてきています。相見積をすることによって、業者間の価格差が見えてきたりします。さらに見積書に「工事一式」などとしか記載せずに見積もりを提示してくる業者もいますが、このような大雑把か業者は選ばない様に心がけてください。

 

 

3.近隣へのあいさつ

 

解体工事は騒音、ほこりなど近隣にお住まいになられている方々に迷惑をかけることが結構あります。ですので、解体工事を行う前に、「いつからいつまで解体工事で迷惑をおかかします」などと、近隣にあいさつに行くことをお勧めします。

 

よく聞くトラブルの1つに、解体工事前に近隣の住人にあいさつに行かなかったために、引っ越してきたときに回りの目が冷たく、酢水楽なってしまったというような話がありますので、この近隣へのあいさつは必ずするようにしましょう。

 

 

4.引込配管、配線の撤去の手配

 

ガスや電気などがつながったまま解体工事を始めてしまうと大変危険です。ですので、しっかりと事前にガスや電気、または電話などの引込配管と配線を撤去する手続きをしておきましょう。

 

また、水道に関しては工事中に業者が使うことになるので、撤去しないでおくべきでしょう。まずは一度業者へ確認してみましょう。

 

 

5.足場の組み立て

 

解体工事は高所での作業が伴うので、足場の組立を行います。その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリを最小限に抑え、近隣の方への迷惑を最小限におさえる努力をします。

 

 

6.工作物等の撤去

 

たたみ、サッシ、断熱材、建具、瓦、内部造作、住宅設備機器、石膏ボード、不要品(タンス・衣類など)など、まずは手作業で建物から撤去できるもをを撤去します。

 

 

7.建物本体の解体

 

いよいよ建物本体の解体に入ります。まずは、壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし撤去していきます。解体作業中は防塵のため、水をまきながらの作業します。

 

 

8.廃材の分別・収集・搬出

 

解体工事で出た廃材を分別します。分別された廃材を収集して、大きなトラックによって搬出されます。廃材がなくなると現場はすっきりするので、終了までもう一歩です。

 

 

9.地中の確認

 

解体終了後、廃材が地中に残ったりしていないか、その下にコンクリートが入っていないかなどの最終確認をします。

 

 

10.整地・工事完了

 

全ての確認作業が終わったら、地面を平らに整地します。駐車場にする場合は砕石などを敷いたり、アスファルト塗装を施します。これで、解体工事が完了です。

 

トラブルに関するコラム

 

家の建て替えなどの際に必ず起こる近隣トラブル!起こらないに越したことはありませんが、万が一トラブルが起きてしまったときの対処法をお伝えしましょう。近隣とのトラブルは今後の事も考えると当事者同士が話し合うよりも第三者を介入させて話を勧めたほうがスムーズにいく場合が多いようです。

 

例えば弁護士に間に入ってもらうのです。弁護士と聞くと敷居が高そうだと思われるかもしれません。通常弁護士というと裁判所で事件の犯人の弁護をしているイメージや、離婚調停、債務整理、相続問題、交通事故などの活動をイメージされる方が大半かと思います。しかし、今回のような近隣トラブルの間に入ってくれる弁護士もいるのです。もし知り合いに弁護士がいるのであれば、まずは知り合いをあたってみましょう。もし知り合いで弁護士がいない場合は、インターネットで検索してみましょう。最近では、借金無料電話相談や、相続問題無料相談、離婚に関する電話相談など、実際に弁護士事務所にいかなくても無料で相談に乗ってくれる弁護士事務所が増えてきました。まずは無料相談をして、それから依頼するかどうかを決めるべきですね。